通販で印鑑を購入する際に気を付けておくこと

生活をする上で欠かせない存在となるのが自分を証明するものです。証明するものとして手軽に取り扱えるのが印鑑ですが、通販で簡単に購入できる時代になっています。わざわざハンコ屋さんの店舗を探して、依頼する手間がありません。ネットで検索するだけで、たくさんのハンコ屋さんを瞬時に見つけられる他、ネットショッピング感覚で注文できるのがメリットです。手軽に入手できる便利な手段ではあるものの、悪用される可能性がある印鑑を通販で購入することを毛嫌いする人も世の中にはまだまだたくさんいます。ネットで注文する際には、いつくかの注意したい部分があるのは事実です。しかし、注意点さえ覚えておけば、これ程簡単で便利な注文方法はありません。注意点をおさえつつ、利用してみましょう。

安さだけで選ばない!材質の特徴を知る

通販で購入できる印鑑は、とても種類が豊富です。黒水牛や薩摩本柘などの材質がたくさん揃っており、目移りするほど充実しています。実店舗で依頼する場合にはスタッフのアドバイスに従えば良いだけですが、ネットだと自分の考えだけで注文できるため、適当に好みで材質を選んでしまいがちです。しかし、実印や銀行印といった重要な印鑑を通販する際には、丈夫な材質を選ぶのが好ましいといえます。長く使っていくものですので、文字の部分が欠けるなどの耐久性の弱い材質は不便です。安い材質のものを選択したくなるところですが、安いものは基本的に耐久性が弱い性質を持ちます。材質の特徴を記載している印鑑の通販サイトが多数存在しますので、特徴をきちんと読んで、多少高くても丈夫な材質を優先的に選んでください。

偽造されにくいものを作るのが重要

人件費や無駄な店舗を用意せずに済む印鑑の通販は、価格の安さが魅力です。安ければ安いほどお得感が高まりますが、安いところに依頼すると、セキュリティ面で甘い印鑑を通販で購入してしまうリスクが高まるため、注意してください。文字が甘い作りのものだと、偽造される心配があります。認印もそうですが、実印や銀行印が偽造されてしまえば、大変な被害をうける危険が高まります。ポイントとなるのが、文字の彫り方です。通販で印鑑を購入する場合、殆どが機械で彫っています。工夫されているものの彫り方が均一になりやすいため、リスクがあります。機械で彫るものは価格が安く、納品も早い傾向があります。完全手掘りが理想ですが、予算的に難しいなら機械彫りと手彫りを混ぜた印鑑の通販サイトを探しましょう。